みなさんの眼の悩みをしっかりとケアします。
トップ > 医療情報 > 内科 > 家庭血圧の重要性
文字サイズを調整してご覧下さい文字サイズ標準拡大

家庭血圧の重要性

2015.01.01

診療所、病院受診時の血圧測定で正常血圧であっても、家庭での血圧が高値である場合があり、これは仮面高血圧といわれ、早朝高血圧、夜間高血圧、昼間高血圧(ストレス下高血圧)があります。

また、血圧の日内変動異常等もあり、この様なタイプの高血圧は、正常型の高血圧に比べリスクが高いといわれています。

当院では、診察室血圧の他に、24時間自由行動下血圧測定(ABPM)を行い高血圧の診断・治療を行っています。主治医の前での血圧の他に、自宅での血圧も知っておきたいものと思います。

正常血圧は以下の通りです。

 

正常血圧140/90mmHg 未満
家庭血圧135/85mmHg 未満
24時間血圧平均値130/80mmHg 未満

(日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン作成委員会)

医療情報一覧へ戻る診療科紹介へ戻る
スタッフ募集中 こちらからご確認下さい
ページのトップへ